インターバンク直結とは

FX業者にはインターバンク直結(NDD方式)を採用している業者とそうでない業者(DD方式)が存在します。

DDとはDealing Deskの略で、トレーダーが取引をする際にカバー取引を行う人たちです。NDDとはNo Dealing Deskという意味で、このようなカバー取引を行う人を置かずに、システムによって自動的にカバー取引を行っています。NDD方式ではトレーダーが取引する時にこのDealing Deskを介さずに、直接インターバンクへ直接アクセスし、複数の金融機関が提示するレートのうちで、最も有利なレートでの取引が可能なため、インターバンク直結方式とも呼ばれます。

NDD方式とDD方式の違い

インターバンク直結型を採用しているFX業者とDealing Deskによるチェックを介するFX業者の違いについて説明します。

FX業者ごとのシステムの強靭さにもよるのでしょうが、インターバンク直結方式を採用しているFX業者ではカバー取引が自動で行われるため、DD方式の業者と比較すると約定が強い傾向があります。さらにスプレッドなどマーケット状況に対応する数値も迅速で、トレーダーにとって有利な取引が行いやすい環境となっています。

一方で、DD方式ではDealing Deskが注文状況や市場の様子を考慮しつつ、ある程度調整しながらレートを提示しています。人間が手作業で調整を行っているため、どうしても実勢レートとの若干のズレが生じたり、スプレッドに開きが出てしまうことがあります。

また、インターバンク直結方式を採用しているFX業者ならばFX取引における透明性にも安心できます。というのは、無いと信じたいところなのですが、DealingDeskによる悪意のあるレート操作を心配されている方もおられるようです。

悪意のあるレート操作とは、俗に言う「ストップ刈り」と言われるようなものです。DD方式では事実上Dealing Deskが都合のいいようなレート操作を行う事も可能で、不当なレート操作により顧客の利益を業者が奪ってしまう事が出来てしまいます。

そのような行為は顧客の信用を失うばかりか犯罪行為でもるので、行われている可能性はほぼ無いでしょうが、やはり心配という方には、インターバンク直結方式が好意的に受け入れられています。